芸能最新情報

芸能情報、特にHey! Say! JUMPや伊野尾慧くんの最新の情報をお届け

Uncategorized

「そして、誰もいなくなった」【第5話】日下瑛治のセリフと共に登場シーンを振り返り、その魅力に迫る!


第5話

「藤堂さんは人を殺せるような人じゃない。」

藤堂に駆け寄って抱き起こし、きつく抱きしめる日下。
「俺は…信じますよ。」
「俺は藤堂さんを信じます。」

「僕も、藤堂さんとおんなじなんです。」
「持ってないんですよ。パーソナルナンバー。」

藤堂の肩に手を添え、目を見つめながら話す日下。
「だから、法律的には
 僕も、世の中には存在しないはずの人間なんです。」

少し微笑んで、藤堂の肩を叩く日下。
「なんか、あったかいもんでも飲みません?ココアとか。」
立ち上がり、部屋の明かりを点ける。
「俺、ココア好きなんですよー。
 ねっ。」

台所に立ち、ヤカンに水を注ぐ。

なんでなくなっちゃったの?と尋ねる藤堂。
「はい?」

「売っちゃいました。サクッと。
 高校を卒業する前に家を出たんです。
 で、やっべーめちゃくちゃ金がねーなーってときに
 悪魔に耳元で囁かれたみたいな。」

日下瑛治って偽名?と尋ねる藤堂。
「まぁ、生まれたときとは違う名前です。
 でも、気に入ってますよ。日下瑛治。」

「他人に押し付けられるものより、
 自分で決めた名前のほうが気持ちいいんだなーって
 気が付きました。」

ヤカンの火を止め、
二人分のマグカップとココアの瓶を持って、テーブルへ。
「二人で考えてみます?」
「藤堂さんの新しい名前。」

「例えばー
 涼風まこと。」
「あ、クサイですか?ちょっとクサイ。
 じゃあ何…あっ、はま…
 浜田山さとし。」

インパクトが薄いのがいいかなと藤堂。
「山田太郎。」

服を借りておいていいかなと聞く藤堂。
「それは、いいですけど。」

警察に行こうと思うと話す藤堂。
「こんな時間にですか?」
一瞬考え込む日下。

勢い良く立ち上がって、藤堂の方を振り返る日下。
「送りますよ。
 火、消してもらえます?」
コンロを指差す。

「送りますよ。
 だって財布とか何にも持ってないですよね。
 そのくらいさせてください。」

-Uncategorized

×
アイニュウ